2009.07.24 Friday

股関節の痛み。(変形性股関節症)

0

      50代。 女性。 


    2年位前から右ソケイ部に痛みを感じだした。
    現在は左の方が痛みが強くなっている。
    変形性股関節症といわれる。
    歩行もきつく、階段の上りは特にきつい。
    出かける気力もなく家の中でじっと安静にしている。

    インターネット検索で来院。

    気力がなく動かない生活をされていたので

    身体全体の筋膜が固く代謝が悪くなっていたようです。

    両ソケイ部、両内転筋、から足首まで全般が固く
    両足が内へ閉じず寝返りも痛い状態。

    両手指がこわばり朝は痛みが出る。


    遠方のため月1ペースの来院でしたが確実にゆるんでいき
    (手指はすぐに回復しました)
    2年で日常生活に支障がないまでに回復され
    2.5年で快調と断言されるまで回復されました。

    すっかり気力も取り戻され
    あれこれとやりたい事が出てきたそうです。

    じっとしていてはいけないと実感されたそうで
    日常生活も率先して活動的に過ごされているとのこと。


     股関節の痛みは、股関節に関係する筋肉の疲労です。

       この方のようにあまり動かないことも疲労となります。

       筋膜をしっかりと緩ませて、適度に動かすことが重要です。 



     


    2009.08.17 Monday

    股関節の痛み。(大腿骨骨頭壊死)

    0

       

       

      30代。 男性。


      階段から落ち、その後右足付け根の痛みがとれず
      整形外科を受診し、大腿骨骨頭壊死と言われる。


      インターネット検索で来院。


      歩くと右臀部、右膝の外側、内側に痛みが出る。
      歩行時に右に沈み揺れる歩き方になる。
      胡坐をかけない。


      右大腿の前面、裏面、臀部にハリ、コリ緊張がある。

      月に2〜3回の来院で2、5年で回復。
      歩行時のひずみもなくなりました。


       
      股関節の痛みは筋肉です。

         大腿骨骨頭壊死といわれてで来られる方は

         痛みが出た原因が、大腿骨骨折の後

         つまずいたり、落下したりの事故の後に発症されています。

         筋肉負傷から筋肉(筋膜)が拘縮し、代謝が悪くなり

         骨に栄養が行かないために骨に影響が及んだものと

         考えられます。 

         同じような症状の方でも、痛みが出てから

         期間が立っていない場合は骨には異常がないと

         言われてこられます。


         つまり筋肉の負傷が先なのです。



       

       


      2009.08.23 Sunday

      股関節の痛み。

      0

         50代。 男性。


        2,3か月前から左ソケイ部に痛み。
        寝ていて寝返りを打とうとして膝を立てる動作でピキッと痛みが走る。
        車に乗り込もうとした瞬間に同じくピキッと痛みが走る。
        胡坐をかく動作で左脚だけ痛くて開けない。

        ご友人の紹介で来院。


        両大腿裏にハリ、特に左。
        左脚内転筋に強い張り。

        問題部分をリリース後、確認してもらう。

        膝立て、開脚は痛みなく出来るようになる。

        胡坐の動作で緊張が先に入ってしまうので
        緊張を除くストレッチを指導して1回目を終了。


         股関節の痛みは筋肉です。

          この方の場合、ゴルフのスイングで筋肉が疲労し

          自然回復が十分できずに拘縮部分が残ってしまったのです。

          ですが痛み出して2,3か月ですと

          1回でほぼ回復の目途がつきます。  

          一度施術を経験されると筋肉(筋膜)が十分緩んでいない状態とは

          どんなものかが分かるようになりますので、今後の予防につながります。



         


        2009.09.14 Monday

        股関節の痛み。(臼蓋形成不全)

        0
           40代。 女性。 


          10年ぐらい前から左ソケイ部に痛みを感じだす。

          5年前からクラシックバレエを始めて、
          少し良くなった感じはするが
          屈曲で痛みがあり、
          長い時間立っていると大腿前面から膝にかけて痛みが出る。
          足が前に出ないこともある。

          整形外科を受診し臼蓋形成不全と言われた。

          インターネット検索で来院。


          左大腿前面からソケイ部にかけてハリがある。

          施術でハリ部分をリリース。
          屈曲も楽々出来るようになる。


          セルフリリース、椅子に座っている時の注意などを
          指導して終了としました。


           股関節の痛みは筋肉の疲労から筋膜が硬くなってしまい

          自然に回復しずらい状態になっていたのです。

          的確なソフトなストレッチをかけることで

          自然解除を引き出す事が出来るのです。

          こんなにソフトで何で?といつも不思議がられます。

          これが身体の不思議、科学なのです。



           
          ★〜筋膜リリースで活力あふれる健康体を〜★
          心地よいほどやさしい手技療法・ティーズリリース・・・
           

            
          ホームページ  
          ティーズ リリース   
             





          2009.09.23 Wednesday

          股関節の痛み。(変形性股関節症)

          0

             30代。 女性。


            出産後(4ヶ月前)左ソケイ部に痛みが出だした。
            歩行時にどう足をついたら痛くなのか考えてしまう。
            両膝も痛く。
            両土踏まずも痛い。特に朝起きる時に足底がこわばり痛い。

            インターネット検索で来院。

            左ソケイ部、両大腿、両膝、両足底のハリが強い。

            施術でリリース後、歩いて確認してもらう。
            ハリ感がなくなり痛みもないということで
            セルフストレッチを指導して終了としました。


             股関節の痛みは筋肉の疲労から筋膜が硬くなってしまい

            自然に回復しずらい状態になっていたのです。

            的確なソフトなストレッチをかけることで

            自然解除を引き出す事が出来るのです。

            また、痛いところをかばった歩き方になるため

            変な筋肉の使い方をするので、膝、足底などの筋肉も疲労し

            痛みがでます。

            こんなにソフトで何で?といつも不思議がられます。

            身体を自然な健康状態に戻すという事は

            本人の身体の自然の力なのです。

            それを巧みに引き出すのに、最小のアプローチを

            施すので極ソフトなのです。




             


            2009.12.17 Thursday

            股関節の痛み。

            0
               40代。 女性。


              腰痛をかばった姿勢で運転をしていたら
              右足のソケイ部が痛み出した。

              歩きだしに足が前に出ない。
              歩いているうちに緩和してくるが
              時々ピリッと痛みが走る。

              背中から腰にかけてハリがあり
              右ソケイ部周辺にハリとむくみがある。

              足底も両足ともに張っている。

              すべてをリリースし確認してもらう。

              「すっきりとツッパリ感もなくなり痛みももちろんありません。」


              腰をかばっているうちに前かがみになり
              すり足で歩いていたとのこと。

              その影響で他の筋肉が疲労となってしまったのだという過程を
              よく理解され今後の注意点を指導して終了としました。

               股関節の痛みは筋肉の疲労から筋膜が硬くなってしまい

              自然に回復しずらい状態になっていたのです。

              的確なソフトなストレッチをかけることで

              自発的解放を引き出す事が出来るのです。

              また、痛いところをかばった歩き方になるため

              変な筋肉の使い方をするので、足底などの筋肉も疲労し

              張って痛みがでます。

              こんなにソフトで何で?といつも不思議がられます。

              身体を自然な健康状態に戻すという事は

              本人の身体の自然の力なのです。

              それを巧みに引き出すのに、最小のアプローチを

              施すので極ソフトなのです。



               


              ★横浜市中区(関内駅より徒歩4分)

                ソフトタッチ筋膜ケアで身体をリセットしましょう!

                筋膜リリースサロン
              ティーズ リリース 




              2010.07.05 Monday

              ふくらはぎ、臀部のコリ。足が前に出ない。

              0

                 30代。 男性。


                ふくらはぎが固まって足を運ぶような歩き方になっていた。
                次にと臀部が凝ってきて、歩きだしの一歩の足が前に出せない。
                それを繰り返しているうちにソケイ部が痛くなってきた。

                職場で冷房の利いた部屋でサーキュレーターの風が
                下肢に集中していたのがふくらはぎの筋膜が固まってしまった原因のようです。

                ふくらはぎ、足の裏、臀部、ソケイ部と固くなっていました。

                全てをリリース確認してもらうと

                「すっきりとして心配が無くなりました。」

                と安堵されました。


                 冷房の季節、部屋の床近くが温度が下がっていたり

                   直接冷気や風が当たってしまったりして筋膜が固くなってしまいます。

                   固くなった筋膜につつまれた筋肉は伸縮が制限され

                   筋肉の動きが悪くなり、歩き方がおかしくなり連鎖してあちこち

                   固まってきてしまいます。

                   暑いので動かさない事も固まりを加速してしまいます。

                   夏こそ筋膜チェックが重要なのです。
                       
                   セルフリリースの技術も指導しています、是非活用されて

                   質の高い健康を手に入れてください。  
                   

                 


                2010.10.05 Tuesday

                ソケイ部、大腿の前面に痛み。

                0

                   50代。  女性。


                  イスから立ち上がる時に左ソケイ部に痛みが出る。

                  歩いているうちにソケイ部は痛くなくなり

                  今度は左腿の前面に筋肉痛の痛みが出る。


                  整形外科を受診し変形性股関節症と診断される。

                  指示通り、イスの生活、杖の使用、筋トレを試みるが

                  改善されない。

                  民間療法も色々と試したが改善が見られない。

                  友人のご紹介で来院。


                  腰全体に筋膜が固くなっており、左臀部に筋膜の強いこりがある。

                  左大腿がはりがあり、臀部から大腿にかけて筋肉が落ちている。

                  2回の施術で階段の多い旅行も出来るまで回復し

                  6か月の間に合計9回の施術であらゆる行動でも痛みが出なくなりました。

                  落ちていた筋肉も回復し、高血圧も解消し正常になられました。


                   イスから立ち上がる時、歩きだしの一歩で

                     ソケイブに痛みが出る事で気づくかたが大変多いです。

                     固くなっている筋膜をリリースする事で根本解決となります。

                     筋膜が固いまま筋トレをするのはストレッチ性のないボディースーツを着て

                     体操をするようなものです。

                     いかに身体に良くないかイメージがつきやすいかとと思います。


                     筋膜が固いと筋肉の動きが悪いので基礎代謝にも影響します、

                     したがって血圧にも関係してくるのですね。


                       


                  2011.01.16 Sunday

                  股関節の痛み。

                  0

                     50代。 女性。

                    左股関節が10年ほど前から固く
                    時々ソケイブが痛く、
                    足が90度以上(膝を曲げた状態で)、上げられない。


                    知人のご紹介で来院。


                    左側が臀部から大腿、下肢の裏側、ソケイブ付近が
                    固くなっていました。

                    固い部分を丁寧にリリース、反応が良く、
                    ドンドンと解除していきました。

                    確認してもらうとすっきりと楽になりましたとのことで
                    右足と同じように90度以上楽々と上がるようになりました。

                    胡坐の状態でも左右の差が無くなりました。


                      この方のように10年以上も固まっていても

                        1回ですっきりと解除するケースもあります。

                        身体は戻りたいのに、鍵が開かないと言う感じです。

                        しっかりと自力解除できるように引き出すのが

                        ティーズリリースの技術です。 


                        
                        


                    2012.04.18 Wednesday

                    股関節の痛み。

                    0

                      50代。 女性。

                      最近、腰掛けていた後、立ちあがり最初の一歩を出す時

                      ソケイ部が緊張し足が前に出ない、無理に出そうとする痛い。

                      そのほかに長く歩くと左足の前脛骨筋と足の甲が痛くなる。

                      知人のご紹介で来店。


                      股関節周りとしましては

                      左の大腰筋、腸骨筋、大腿四頭筋、長内転筋、梨状筋の筋膜が硬くなっていました。


                      そのほかに左足の前脛骨筋、


                      左足の親指甲側と甲が全体に硬く、足底の中央部が硬くなっていました。

                      随分前から親指を反らせた歩き方をしていたそうです。


                      股関節周りの筋膜は硬くなって日数が余り経ってていなかったため

                      筋膜の反応が良く回復が早かったです。

                      前脛骨筋、足の甲、足底は長い間硬くなっており

                      瑞々しさがかなり失われて活力にかけていたため

                      回復に期間を要しました。

                      歩き方の癖を直すのにも期間を要しましたが

                      股間節の痛み、前脛骨筋、足の甲の痛みは無くなりました。



                      この方のように歩き方の癖で股関節周りの筋肉を疲労させて

                      ソケイ部や臀部に痛みが出てくる人も多いです。

                      外反母趾で重心が外側にかかった歩き方をして股関節周りが疲労する人も多いです。


                      来店される股関節の痛みの原因で一番多いのは

                      椅子に座っているときに大腿の筋肉が緩んでいない緊張したままの状態のために

                      大腿四頭筋、大腰筋、腸骨筋、梨状筋、短内転筋、長内転筋も緊張、疲労し

                      筋膜が硬くなってしまったケースの人達です。

                      特に女性は筋肉が弱いので疲労しやすいのです。

                      軟骨、骨頭の変形と言われるのは

                      周りの筋膜が緊張、硬くなっているため骨に栄養が届かないためと

                      考えられます。


                      最近では貧乏ゆすりをして軟骨が再生したとの報道も目にします。

                      貧乏ゆすりのように緩やかな動きで筋膜の緊張が取れたものと考えられます。

                      上手くやらないと逆に疲労となって硬くしてしまうリスクもあるので

                      筋膜の性質を理解したうえでやるのがベターです。


                      | 1/2PAGES | >>